今日2月23日は「富士山の日」です。
「ふ(2)じ(2)さん(3)」(富士山)と読む語呂合わせとこの時期、富士山がよく望めることからとの事です。
河口湖大橋は山梨県道707号富士河口湖富士線に指定されている橋梁であり、河口湖大橋自体の橋長は500 m。
富士五湖のなかで唯一の湖上に架かる橋梁で、橋上からの眺めはさえぎるものが無いことから富士山の展望もよく、1987年(昭和62年)に美観性と機動性を基準に「雄大な富士の道」として、富士スバルラインとともに旧建設省と「道の日」実行委員会により制定された「日本の道100選」にも選ばれている。(Wikipedia抜粋)

天気のいい時に、河口湖大橋を渡ると本当に気持ちが良いんです。
それは、大きな・雄大な・存在感のある富士山をズドーンと正面に見ることが出来るからです。
今日のブログでは、夏と冬の「夏富士」と「冬富士」をUPします。

河口湖大橋から見た冬の富士山
河口湖大橋から見た冬の富士山

河口湖大橋から見た夏の富士山
河口湖大橋から見た夏の富士山

河口湖大橋の下から見る冬の富士山
河口湖大橋の下から見る冬の富士山
富士吉田市・富士河口湖町・山中湖村での建築設計で頻繁に利用する河口湖大橋。
車のフロントガラスごしですが、日本一の富士山を見ながらにスキルもUPします。
好きな道+景色です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook https://www.facebook.com/yaosekkei/

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室が提案する建築。
その1つが「健康」です。
そして、吉野聡建築設計室 2024年建築設計コンセプトは「健康建築」です。

設計コンセプト 健康建築

弊社のデザインする建築は、そこに居るだけで・住んでいるだけで健康になります。
その証に一つとして、現在の社屋の完成から14年8ヶ月。
私(吉野聡)は「新型コロナウィルスやインフルエンザになった事がありません」
それは!!
・空気を綺麗にする紀州備長炭を使った建築の提案。
・痴呆症に良いサイプレス(豪州ヒノキ)
・ヒートショックに効果ある断熱。
・自然の光・風・換気を取り入れる平面プラン。
・空気を汚さない輻射熱の蓄熱暖房機
そして、昨日のブログでUPさせて頂きましたインフルエンザ(風邪)に効果がある特殊な漆喰壁に、更なる対応を行っています。
それは特殊な漆喰壁に、ホンモノだけが持つ優れた効果のある紀州備長炭の粒を練り込んでいる事です。

インフルエンザに効果がある漆喰壁のサムネイル画像
吉野聡建築設計室の事務所内の壁

吉野聡建築設計室のオリジナルの紀州備長炭+漆喰壁
その特徴は
1.室内の空気を半永久的にクリーンに保つ「天然の空気清浄器」
2.ホルムアルデヒドだけでなく、様々な化学物質・有害物質を吸着・分解
3.光熱触媒により、壁の汚れ(化学物質の汚れ)は自然に分解するから、いつまでもキレイ
4.マイナスイオンや各種ミネラル物質を発散することが副交換を刺激し、リラックス効果が得られます。
5.紀州備長炭の消臭・調湿・電磁波の吸収等の効果も期待できます
7.殺ウィルスの能力を持った特殊な漆喰によってインフルエンザになりにく環境へ

そのような優れた・高性能な建築を不特定多数が集まる場所に。
1.病院は、院内感染
2.学校・幼稚園は、学級閉鎖
3.ご家庭や企業は、集団感染
これらを防ぐ効果が期待されます。

そして、毎日が楽しくなる「建築デザイン」。
健康だからこそ、毎日を楽しく生活・仕事が出来ます。
その為の第1歩は、弊社が提案する「健康になる」建築です。
毎日を楽しく・健康的に。
弊社からの提案です。

自社の室内の壁に採用しています「紀州備長炭入り漆喰壁」
そのデザイン+機能を実際に感じて(体験)頂ければと思います。
お気軽に「吉野聡建築設計室」までご連絡を。
私(吉野聡)がご案内させて頂きます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
Web   https://sekkei-y.com
facebook https://www.facebook.com/yaosekkei

平成21年6月 山梨県甲府市徳行3-3-25に完成しています吉野聡建築設計室の建築。
健康も大切にしながら設計・デザインしています。
完成から14年8ヶ月。
私(吉野聡)は「新型コロナウィルスやインフルエンザになった事がありません」
毎日のハードスケジュールの中でも、体調は万全で、すこぶる調子が良いんです。
その理由の1つに、自社の事務所の壁がインフルエンザ(風邪)に効果がある特殊な漆喰壁で仕上げられています。

幻の漆喰
「鳥取大学鳥由来人獣共通感染症疫学研究センター」にてウイルスを死滅させることを確認できました(2011年5月20日毎日新聞全国版19面掲載)

インフルエンザに効果がある漆喰壁
インフルエンザに効果がある漆喰壁(自社の玄関の壁)

弊社のデザインする建築は、その場にいるだけで健康になります。
・空気を綺麗にする紀州備長炭を使った建築の提案。
・痴呆症に良いサイプレス(豪州ヒノキ)
・ヒートショックに効果ある断熱。
・自然の光・風・換気を取り入れる平面プラン。
・空気を汚さない輻射熱の蓄熱暖房機
そして、毎日が楽しくなる建築デザイン。
健康に最も良い事は、毎日を楽しく生活・仕事する事です。
その為の第1歩は、弊社が提案する「健康になる」建築。
明日のブログは、具体的な提案をさせて頂きます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
Web   https://sekkei-y.com
facebook https://www.facebook.com/yaosekkei

山梨県立大学池田キャンパスからみた甲府市中心部
山梨県立大学池田キャンパスからみた甲府市中心部

山梨県立看護大学と山梨県立女子短期大学が2005年4月に統合してできた
「山梨県立大学」
山梨県甲府市飯田5-11-1に国際政策学部・人間福祉学部の飯田キャンパスと、山梨県甲府市池田1-6-1に看護学部・大学院看護学研究科の池田キャンパスががあります。
きめ細やかで実践的な少人数教育が特色の公立大学です。
令和5年7月の中旬に、山梨県立大学 池田キャンパスの敷地内にあります、2棟の校舎の改修工事における建築設計・工事監理の契約を行っています。
詳しい情報は、2023年7月31日 山梨県立大学 改修工事の建築設計・工事監理の契約をご確認下さい。
その後、改修工事の基本計画+実施設計・設計書の作成・工事の入札・現場着工と進んできた7ヶ月。
山梨県立大学池田キャンパスの建築施工現場では、既存の鋼板製の屋根の防水工事を行っています。

圧送 超速硬化ウレタン塗膜防水密着工法t2.0㎜(X-2H工法)
地上部から屋上へ 配合した材料を圧送します・。

施行中 超速硬化ウレタン塗膜防水密着工法t2.0㎜(X-2H工法)
飛散防止+ホコリの付着防止のために、屋根面の周囲・上部をビニールシートで覆いながらの施工です。

完成 超速硬化ウレタン塗膜防水密着工法t2.0㎜(X-2H工法)
超速硬化ウレタン塗膜防水密着工法t2.0㎜(X-2H工法)完成です。

鋼板製の屋根の多くは、ほとんどが鋼板屋根の葺き替えを行っています。
しかし、その建築の条件(工期・予算・工法等)で葺き替えが出来ない事があります。
その証拠に、屋根面に材料を吹き付けた瞬間から歩行が可能になります。
また、鋼板製の屋根の葺き替えに比べ工期及び予算で大きな削減です。
更に保険付長期防水保証15年・30年防水工事保証仕様もあります。
その建物を使用しながらの改修工事には、多くの条件をクリアさせることが求められるので、創業51年となる山梨県甲府市 吉野聡建築設計室の多くの実績から、多くの提案を行っています。
そしてこのような経験を活かし、10年、15年、20年の改修の事も考えて新築時の設計を行う。
改修工事の現場から、学ぶべきことがたくさんあるので、弊社では積極的に増築工事・改修工事・リフォーム等の設計を行っています。
「現場から学ぶ」
大切にしている事の一つです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook https://www.facebook.com/yaosekkei/

山梨県甲府市増坪町681番地にあります特別養護老人ホーム 春光園
昭和54年10月 特別養護老人ホーム 春光園を増坪町に開設(多床室 定員50名)
平成12年4月 居宅介護支援事業所 開設
平成24年10月 ユニット型特別養護老人ホームとして現在地に移転新築
(定員50名 短期入所定員10名)
として現在まで歩み続けています。
新築時から45年が経過する建築は、何度も大規模+小規模な改修工事を行いながら良好に使用続けています。

2023年8月の上旬に、外壁+外部の塗装・防水の劣化及びイメージの向上における相談があり、多くの計画・提案・資金計画を行い9月下旬に設計・工事監理契約の締結です。
そこから、多くの詳細現場調査を行いながら、材料・工法・工事の選定・実施設計・設計書(見積書)の作成・甲府市景観条例の申請手続きを行い、令和5年12月下旬に指名競争入札の広告です。
そして、令和6年1月中旬に行われた1回の入札で施工業者が決定しています。
全てが計画通り1月下旬に工事請負契約の締結です。

外壁等改修工事 工事請負契約の締結
監理者として立会いを行った「外壁等改修工事 工事請負契約の締結」
これからは、現場監理を通じて宜しくお願い致します。
新たに生まれ変わる山梨県甲府市 特別養護老人ホーム「春光園」
楽しみがいっぱいです。
下記の写真は、今ある施設の写真を加工しながら、改修前後を表現した資料です。

塗装改修前の甲府市 春光園
改修前の甲府市 特別養護老人ホーム「春光園」

塗装改修後の甲府市 春光園
改修後の甲府市 特別養護老人ホーム「春光園」
敷地は調整区域内にあり、周囲は田や畑・ブドウ畑と言った緑溢れる豊かな環境であり、周囲の環境に合わせる為に、自然のアースカラー(茶系)を基調としながら、建物が自然の美しさを引き立て、環境に溶け込む色彩としています。
また、建築を利用する用途・年齢等を考慮し、優しさ・温かさ・安定感もプラスしています。
建築から利用者様へのお気持ちです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook https://www.facebook.com/yaosekkei/

2008年1月からスタートしています「山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のブログ」
毎日更新を行いながら、16年2ヶ月継続しているブログで・シリーズ化している記事があります。
それは「ガラス・鏡に写る吉野聡」。
訪問した建築にある窓ガラス・鏡を使い、私自身を撮影する事です。
過去にUPした「ガラスに写る吉野聡」の回数は57回。
前回は、2024年1月6日「第57回 ガラスに写る吉野聡「仕事初め 山梨県庁・甲府市役所」」です。
そして、本日の第58回目は、1月25日(木)に訪問した山梨県中央市の中央市役所の玄関ホールの天井の鏡を使って撮影です。

山梨県中央市 中央市役所

中央市役所の南館玄関ホールの天井の鏡に写る吉野聡
2024年に入ってから1ヶ月。
今年も多くの場面で訪問させて頂いております。
関係者の皆様、これからも宜しくお願い致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
Web   https://sekkei-y.com
facebook https://www.facebook.com/yaosekkei

・「建築基準法12条に基づく定期調査報告とは?」
建築基準法第12条に基づく定期報告(特定建築物定期調査)の対象建築物は、特定行政庁ごとに異なります。 対象となる建築物を所有または管理している場合、特定行政庁の定める時期(1~3年毎)に調査を行ない、各特定行政庁へ報告することが義務付けられています。
・「特殊建築物とは?」
不特定多数の者が利用する一定規模以上の建物のことを言います
・「定期調査報告とは?」
特殊建築物の所有者(管理者)の方は、建物をいつも安全な状態に維持管理し、定期的に調査した結果を報告するように義務づけられています
(建築基準法第12条第1項及び第3項)
・「調査や報告の方法は?」
調査ができるのは、建築士などの建物に関する特殊な資格をもっている方に限られます

山梨県北杜市にあります社会福祉法人 緑樹会の建築の定期調査報告の現場調査を行っていた時にです。
屋根の上に登り調査を行っていると、軒樋に多くの枯葉が堆積している事を確認です。

軒樋の枯葉
大量の枯葉を見た時に、気付きです。
枯葉の撤去なら、誰でも数分で対応できると考え、その場で対応です。

枯葉を撤去した軒樋
綺麗になった軒樋。
一つのもの・事を見たときに、何を感じて・何が出来るのか・どんな対応するのか。
その気付きによって大きく変わります。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
Web   https://sekkei-y.com
facebook https://www.facebook.com/yaosekkei

山梨県歯科医師会

山梨県歯科専門学校
山梨県甲府市大手1丁目4番1号にあります
一般社団法人 山梨県歯科医師会
その敷地には山山梨県歯科専門学校もあり、両棟の建築とも山梨県甲府市 吉野聡建築設計室の設計・監理にてリフォーム・改修工事・耐震診断・耐震補強設計など行い続けています。
関係者の皆様 いつも有難う御座います。

昨年度から基本計画をスタートしていました山梨県歯科医師会改修工事は、基本計画・実施設計・各種見積・資金計画・入札・工事請負契約と進んできました。
そして、昨年の12月に工事請負契約を行いながら、令和6年1月下旬に工事着工です。

既存の配管・配線の再確認
上階の配線・配管が、下階の天井裏に施されています。
工事着工前に再確認です。

今ある建物をしっかり理解し再利用しながら、美しく・便利に・機能的に・快適に・省エネに!!
今回の改修工事でも、あらゆる提案を行っていながら、建築設計・工事監理以外の対応も必要になります。
一般社団法人の山梨県歯科医師会様は、
文科省や厚労省・山梨県・甲府市などの補助金を活用する事がある為に、民間の建築では無い多くの対応も求められます。。

他の多くの公共建築設計や工事と同じ内容での準備・流れを行っています。
それは、国・山梨県・各市町村において、多くの公共建築の実績があるからこその対応です。
これも山梨県甲府市 吉野聡建築設計室の強みの1つです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
Web   https://sekkei-y.com
facebook https://www.facebook.com/yaosekkei

2021年後半以降、全世界を巻き込んでエネルギー価格が高騰し続けています。
新型コロナウイルス感染拡大からの経済回復によるエネルギー需要の増加、天候不順や災害、さらに2022年2月以降のロシアによるウクライナ侵攻などによって、エネルギーの需要と供給のバランスが崩れ、エネルギー価格が高い水準で推移しています。
例えば原油価格は、経済回復に伴う需要増加、2020年の原油価格低迷による供給側の生産減少やOPECプラス(石油輸出国機構とロシアなど非加盟主要産油国で構成)の協調減産による石油在庫の低下が、原油価格の上昇に影響を及ぼしました。
また、欧米主要国のロシア産原油禁輸措置の発表や、欧州のロシア産ガスからの脱却方針、ロシアの欧州向け天然ガス輸出削減が、原油価格やガス価格の高騰をもたらしています。

毎年厳しい・辛い・過酷な・危険な寒さの日本の・山梨県の冬。
ホント!!辛い・厳しい季節です。
地球環境・エネルギー問題・電気料金の高騰など、更なる節電への取組が課せられています中で、
エネルギーを使わずに快適に過ごす建築」
これがBESTな過ごし方です。
そんな夢のような生活を可能にしてくれるのは断熱です。
・2010年7月 9日 快適な建築は冬を基準に考えるべき
・2011年2月15日 断熱性能は北海道を基準

吉野聡建築設計室が設計・監理を行う建築は、気候条件が厳しくなればなるほど「他の建築との違い」や「快適性」を発揮してくれます。
その1つが断熱材や工法にこだわる高断熱仕様です。
・2009年7月 7日 吉野聡建築設計室のオリジナル断熱分類表

そのような建築では、特別な夏の過ごし方があります。
それは「窓を閉めきる生活」です。
詳しくは、2010年8月 5日 暑い日には窓を閉める事で快適に をご確認下さい。

そして、吉野聡建築設計室が提案する建築をプラス
「デザイン・環境・高性能・コスト」が1つになった建築です
山梨県甲府市にあります吉野聡建築設計室
案内図は、吉野聡建築設計室HP contact(連絡先)をご確認下さい。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室

「プラン・デザイン・環境・機能・性能」のコンセプトで設計された建築。
だから快適なんです。
そんな快適な自社の建築を、実際に味わって頂きたいんです。
ご希望の方は、お気軽に下記の連絡先までご連絡頂ければと思います。
私「吉野聡」が案内させて頂きます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
Web   https://sekkei-y.com
facebook https://www.facebook.com/yaosekkei

2024年(令和6年)2月14日(水) 「バレンタインデー」
2024年(令和6年)2月14日(水) 「バレンタインデー」
バレンタインデーは、2月14日に祝われ、世界各地で男女の愛の誓いの日とされています。
もともと、269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日だと、主に西方教会の広がる地域において伝えられています。
日本では、第二次世界大戦後まもなく、流通業界や製菓業界によって販売促進のために普及が試みられたが、日本社会に定着したのは、1970年代後半です。
「女性が男性に対して、親愛の情を込めてチョコレートを贈与する」という「日本型バレンタインデー」の様式が成立したのもこのころです。
なお、バレンタインデーにチョコレートを渡すのがいいのではと最初に考案して実践したのは、大田区の製菓会社である。(Wikipedia抜粋)

厳しい冷え込みが続く2月。
そんな寒さを忘れてしまう今日のバレンタイン。
恋人や家族・友人・仲間と一緒に自宅に招きホームパーティーです。
そしてその他、店舗で買い物・飲食店で食事の素敵な時間も楽しみです。
家や店舗・飲食店で楽しむ。
いろんな夢がいっぱいに膨らみます。
多くの皆様が、温かい・素敵な・輝く一日になりますように。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
Web   https://sekkei-y.com
facebook https://www.facebook.com/yaosekkei