先日、とある方から相談がありました。
「ビーガン(ヴィーガン)の人が生活できる住まいに住みたい」

「ビーガンとは」
絶対菜食主義者・純粋菜食主義者のことである。
いわゆるベジタリアン(菜食主義者)と混同される事が多いが、卵や乳製品を食べるのに対し、ビーガンは、それらも一切口にしない。さらに、洋服、靴や鞄などにおいても、毛皮および皮革、ウール、シルクなど動物を使用した製品の一切を拒む人々もいる。代用品として、アクリル、綿、麻、レーヨン、ポリエステルなどが用いられる。

建築材料の中では、上記に記しているようなものはありません。
しかし、内装・インテリアには注意が必要です。
建材の中でも、菜食などが含まれるものや、特殊な木(サイプレス)を使ったものがあります。
また、弊社のオリジナルシステムの空気を循環・浄化・調湿・電磁波吸収する床下の紀州備長炭と、インフルエンザ菌を死滅する、特殊な漆喰に紀州備長炭の粒を混ぜた左官壁をご紹介させて頂きました。

サイプレス(豪州ヒノキ)フローリング
釘も入らない程の固さ+耐久性があり、痴呆症の抑制効果もあると言われているサイプレス(豪州桧)の無垢の床材。
2014年5月16日
サイプレス(豪州ヒノキ)を使い続ける理由

床下の紀州備長炭
・床下の紀州備長炭については。
2018年5月14日
弊社の床下は大きな空気清浄器になっています 1/2
2018年5月15日
弊社の床下は大きな空気清浄器になっています 2/2

・インフルエンザ菌を死滅する特殊な漆喰については
2016年10月29日
オリジナル工法の紀州備長炭を使った建築1/2(漆喰壁編)

インフルエンザ菌を殺す漆喰
「鳥取大学鳥由来人獣共通感染症疫学研究センター」にてウイルスを死滅させることを確認できました(2011年5月20日毎日新聞全国版19面掲載)
そんな漆喰に紀州備長炭の粒を混ぜた、特殊な壁・天井です。
これらは全て、弊社の事務所の内装の仕様です。

その他、建物の配置・断熱・採光・換気(通風)へのヨシノデザインのオリジナルの配慮をたくさん・たくさん提案させて頂きます。
自然の材料を使い、自然の力で良い環境をつくる。
まさに!!ビーガン(ヴィーガン)仕様の建築・住宅・インテリアです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

海洋機構の山田洋平博士研究員らは「京」を使って高い精度で試算。1辺14キロの正三角形で覆った球体で地球を再現し、現在(1979~2008年)と、温暖化で海面の平均水温が1・3度上昇した今世紀末(2075~2104年)の台風を比べた。
その結果、発生数は23%減り、最低中心気圧が945ヘクトパスカル以下の強い台風の発生数は7%増。降水量は12%増えていた。強い台風では風速12メートル以上の強い風が吹く範囲は約23%増えた。温暖化によって積乱雲状の雲が発達できる高度の限度が高くなり、台風を構成する雲が巨大化。雲ができる時に生じる熱で空気が膨張する体積も増えるために気圧が下がり、強い風が吹く面積が現在より広がるという。
(朝日新聞デジタルより抜粋)

巨大台風・ゲリラ豪雨の原因の1つは、私たち人間が作った「温暖化現象」です。

地球温暖化とは?香川県

地球温暖化について、
地球温暖化は次の3つのステップで起こります。
①太陽から届く光の多くは地表面に吸収され、地表面を温める。
②温められた地表面は、その熱(赤外線)を宇宙に放出するとき、温室効果ガスがその一部を吸収して温まり、地球を適度な温度に保つ。
③温室効果ガスの量が多くなると、もっと多くの熱を吸収し、地球の気温が上がる。

「このままで良いのでしょうか?」
家庭で使う電気、ガス、灯油、ガソリンなどは必要なエネルギーは、工夫することで使用量を減らすことができます。
家庭生活でできる二酸化炭素削減の取組は、できることから継続的に実践していくことが大切です。
だからこそ!!これらを防ぐためには弊社のブログで何度となくUPしています
「建築の高断熱」です。
その為には
・断熱性能の追求
・環境に配慮した建築デザイン・プランニング・建築デザイン
・建築材料、機器設備

そして「無暖房建築」など、エネルギーを使わなくてもより快適な生活が送れる建築にしなければなりません。
このままでは、現在の生活レベルを保てなくなってしまいます。
「気付き → 意識変化 → 実行 → 継続」

弊社では、ご依頼して頂いたクライアントの皆様に、環境に優れた建築の提案をさせて頂きます。
ガマンをするのではなく、快適な生活を送りながら環境に・地球に配慮した建築。
それは、2007年にドイツに行った時からの提案です。
だからこそ、たくさんの情報・ノウハウを持っています。
限りある資源を大切に。
建築の分野からも大きな・多くの貢献です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

太陽光発電パネル 設置後から解体までの大きな費用
昨日のブログでUPさせて頂きました太陽光発電の部材構や耐年数・メンテナンス・保証等の一般的な情報以外に、本日はその他にもたくさんある対応・メンテナンス情報をUPさせて頂きます。

①設置している屋根のメンテナンスです。
 ガルバリウム鋼板は15年、トタン屋根10年、和瓦(釉薬瓦)15年、アスファルトシングル5年
 太陽光発電の耐用年数の前に、屋根のメンテナンスが必要になってきます。
 その場合、設置してある太陽光発電パネルを一時撤去してメンテナンスを行い、完了後に復旧させています。
 更に、同時に太陽光発電の配線ケーブルや設置架台のメンテナンスも行います。

屋根の改修時に問題となる太陽光発電パネル
屋根の改修時に問題となる太陽光発電パネル

屋根の改修時に問題となる太陽光発電パネル
屋根の改修時に一時撤去を行い、屋根改修後に再設置する太陽光発電パネル

②太陽光発電の「発電量低下」
TTファシリティーズによると、メガソーラーでは、毎年0.25~0.5%。
また、水産庁が提供している太陽光発電の事業性検討のためのツールでは、毎年0.5%程度の発電量の劣化があるようです。
10年で5%。20年で10%、30年で15%です。

③耐年数後の解体
太陽光発電の鋼製部材から考えます。
①太陽光発電のパネル部分に使われているシリコン結晶
②パネルは強化ガラス
③パネル・ガラス設置するスチール製のフレーム
④屋根面に設置するスチール製架台
⑤配線
⑥パワーコンディショナー等の接続機器
更に、解体工事の経費と廃材の処分費です。
①解体するための「外部足場」
②それぞれの部材の処分費
③解体工事の経費
産業廃棄物か一般廃棄物なのか? 部材によって変わります。
解体費用において、10kW以上すべての太陽光発電には「太陽光発電設備の廃棄等費⽤積⽴制度」が設けていますが、それ以下にはそれぞれで資金計画を行う必要があります。

太陽光発電は、設置してからもメンテナンスや解体・撤去等において多額の費用が発生します。
設置前に、しっかりとした資金計画を行ってからの設置をお願い致します。
太陽光発電の資金計画についても山梨県甲府市 吉野聡建築設計室までご相談下さい。
事前調査をさせて頂き返答させて頂きます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

太陽光発電パネル 設置後から解体までの大きな費用
太陽光発電は、シリコン半導体などに光が当たると電気が発生する現象を利用し、太陽の光エネルギーを太陽電池(半導体素子)により直接電気に変換する発電方法です。
太陽光発電等の再生可能エネルギーを普及させて、温室効果ガスの排出量を減らし2050年には排出量をゼロにして、脱炭素社会(カーボンニュートラル)を実現しようとしており、東京都は、新築一戸建てに太陽光パネルの設置を義務化する基本方針を発表してます。
その義務化は購入者ではなく、大手住宅メーカーが義務化の対象となります。
新築・増築時の設置義務化は京都府および京都市がすでに実施しています。
「京都市地球温暖化対策条例」により,次の事項について建築士による再生可能エネルギー利用設備の設置の促進を義務付けています(第65条)。
京都市は、設計者が義務化の対象者です。

本日のブログは、設置においてのメリットではなく、「太陽光発電パネル 設置後からの大きな費用」についての情報です。
太陽光発電は、発電パネルやパワーコンディショナーのほか、接続箱、ケーブル、設置架台などいくつもの部材で構成されています。
そのため、システムの耐用年数といっても、部材によって異なりますが、システムの中心となる太陽光発電パネルの場合、一般的には20~30年が耐用年数です。
(適切なメンテナンスを行えば、太陽光パネルは40年以上も発電可能といわれています。)
ただし、設置環境によっては設置架台・ケーブル等の周辺機器の寿命は大きく変わり、塩害や太陽光の紫外線による腐食・劣化によっては故障・交換の頻度が多くなる場合もあります。
そして。パワーコンディショナーは家電製品と同様に電気が流れて稼働する機器のため、太陽光発電パネルに比べると寿命が短いといわれ、耐用年数は10~15年とされています。メーカーの多くは10年保証をつけていますが、最近では有償サービスとして15年、または20年の保証をつけるところも登場しています。
ここまでは一般になる情報です。
しかし太陽光発電は、設置してから解体までいろんな対応・メンテナンスが求められます。

続きの情報は明日のブログでUPさせて頂きます。
設置前に、大きな費用をしっかり確認です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

2022年9月山梨県韮崎市 田の実り・稲刈り

山梨県韮崎市から長野県上田市に至る一般国道141号線。
その国道に沿うように、韮崎市藤井町・中田町では広大な農地の中心を約6kmに真っ直ぐに道路が通っています。
北杜市に行く時に、必ず通る道・好きな道です。

県営住宅韮崎団地の地図
赤のラインがその道です。
この道路は、周辺の景色も・眺望もお気に入りの道の1つです。
その一つがこの景色(2022年9月21日PM1:00)

稲穂と八ヶ岳
北方向に稲穂とまっすぐに延びた道路の先にある「八ヶ岳」(この日は雲に隠れています)

稲穂と隠れている富士山
南方向に稲穂とまっすぐに延びた道路の先にある「富士山」(この日は雲に隠れています)
田には、しっかりとした実の重みで自然と稲穂の部分が垂れ下がり、美しい黄金色になっている稲穂です。

韮崎市 稲穂 収穫
実りの秋から・収穫の秋へ。
そして、食欲の秋から運動の秋へ。
楽しみが多い季節です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

建築物を支える基礎。
基礎を支持する地盤。
その地盤が安全なのか??
目に見えない地盤の中の事は、実際に調査をしなければ正確な判断が出来ません。
また、地盤調査は建築基準法でも定められています。
平成12年建告1347  建築基準法に基づく告示
「建築物の基礎の構造方法及び構造計算の基準を定める件」
第38条第3項に規定する建築物の基礎の構造は、次の各号のいずれかに該当する場合を除き、地盤の長期に生ずる力に対する許容応力度(改良された地盤にあっては、改良後の許容応力度とする。以下同じ。)が1㎡につき20kN未満の場合にあっては基礎ぐいを用いた構造と、1㎡につき20kN以上30kN未満の場合にあっては基礎ぐいを用いた構造又はべた基礎と、1㎡につき30kN以上の場合にあっては基礎ぐいを用いた構造、べた基礎又は布基礎としなければならない。

地盤調査の方法には数種類あります。
それは、建築用途・規模・構造などの条件によって、地盤調査方法も変わります。
吉野聡建築設計室では
1.スウェーデン式サウンディング試験
2.表面波探査法
3.ボーリング標準貫入試験
4.平板載荷試験
上記の4種類の調査を、それぞれの建築の条件によって使い分けています。

山梨県市川三郷町にある住宅建築の敷地で行った地盤調査。
既存建物の解体後に、地盤調査を行います。

市川三郷町の敷地で行う地盤調査

その状況を動画でも確認です。

表層から良い地盤が続く・強い・硬い・頑丈な良い地盤です。
この調査結果をもって、安心して・安全に建築を建てる事が出来ます。
弊社では、地盤の調査中には100%立ち合います。
それは、土質の確認や調査状況や回転時の音も重要になるからです。
「正しい事を正しく」
吉野聡建築設計室のスタイルです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

山梨県笛吹市春日居に建つ住宅建築。
木造一部鉄筋コンクリート造(地下1階、地上2階)で平成20年4月に完成しており、14年が経過しています。
昨年の2021年(令和3年)の5月。
建築主のI様より、生活様式や家族の変化、内外装・設備機器等の劣化よる改修工事の相談がありました。
設計工期が1年と言う期間の中で、さまざまな要望・希望・問題点を1つ1つクリアさせながら、綿密な計画+多くの提案・打合(ヒアリング)を行っており、多くの問題をクリアさせながら、令和4年5月の上旬に施工者との「工事請負契約」の締結です。
2022年5月24日
笛吹市春日居 I様邸改修工事 工事請負契約

それから3.5ヶ月
既存の水回りや配管・設備等の改修工事を行いながら、6帖(10㎡以内)の増築の完成です。

木造建築 6帖の増築
木造建築軸組工法 6帖の増築
その他、既存のキッチン・浴室等の水回りの改修も含め、新たな空間が生まれます。
その1つがユーティリティです。

全てをシンプルにデザインしたユーティリティ
全てをシンプルにデザインしたユーティリティは、この空間を中心に脱衣・クロゼット・洗濯干し場と繋がっています。
機能も性能以外に、時間の節約にもなる充実した仕様に生まれ変わっています。
その他の水回りも、シンプルな洗練された空間に生まれ変わっていますが、プライバシーの事から写真のUPを控えさせていただきます。

洗練されたデザイン空間で、より使いやすく・より便利に・快適に・過ごしやすく。
吉野聡建築設計室が提案するデザイン建築です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

山梨県には、日本で高い山の1位、2位、3位があります。
1位は、世界遺産に登録になった「富士山」標高3776m
2位は、「北岳」(きただけ)標高3,193m
3位は、「間ノ岳」(あいのたけ)標高3190m
南に富士山、西に南アルプス、北に八ヶ岳・秩父連峰、東に大菩薩連嶺。
多くの人を魅了してやまない名峰の数々に囲まれた日本を代表する山岳県です。
「山に抱かれ、山に守られている山梨県」

そんな事を、先日の世界各国の気象機関も動向を注視している、過去最強クラスの大型で猛烈な勢力の台風14号の日本気象協会 「関東・甲信地方の雨雲の動き(予報)」から、山に守られている山梨県(甲府盆地)を感じるデータがあります。
赤〇が山梨県甲府盆地です。
山梨県雨雲レーダー 9月19日午前5時30分 山梨県雨雲レーダー 9月19日午前6時30分 
9月19日午前5時30分              9月19日午前6時30分

山梨県雨雲レーダー 9月19日午前7時30分 山梨県雨雲レーダー 9月19日午前8時30分 
9月19日午前7時30分              9月19日午前8時30分

山梨県雨雲レーダー 9月19日午前9時30分 山梨県雨雲レーダー 9月19日午前10時00分 
9月19日午前9時30分              9月19日午前10時00分

山梨県雨雲レーダー 9月19日午前11時00分 山梨県雨雲レーダー 9月19日午前12時00分 
9月19日午前11時00分              9月19日午前12時00分
山で囲まれtた山梨県、そして甲府盆地だけが、雨の降り方が弱くなってます。
これぞ山梨県の素晴らしいパワーです。
2027年品川~名古屋間の開通を目指し、2037年までには名古屋~大阪間2027年の開通するリニアモーターカー。
静岡県から山梨県を結ぶ2020年内に全線開通する中部横断道。
太平洋から日本海まで高速道路結ばれます。
既存にある中央自動車道(東京~名古屋 長野県では、長野自動車道と結ばれています。)と繋がります。
西へ東へ+北へ南へ。
個人や企業・生活・物流・情報のハブとして注目の山梨県です。

さわやかな空気、清らかな水、緑豊かな美しい景観、安全な生活などに優れた山梨県。
さらに、土地も固定資産税も安い。
守られた安全と優れた環境+ビジネスが1つになる地域です。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室では、人・事・物の拠点となる山梨県 移転へのサポートを行っています。
魅力の山梨の詳しい情報は、下記のブログも宜しくお願い致します。
2022年9月15日
人・事・物の拠点となる山梨県 移転への対応を行っています1/2
2022年9月16日
人・事・物の拠点となる山梨県 移転への対応を行っています2/2

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

山梨県南アルプス市「Luxway(ラグウェイ)」

山梨県南アルプス市「Luxway(ラグウェイ)」 RVパーク

高機能RVパーク+高級キャンピングカーレンタル 
山梨県南アルプス市「Luxway(ラグウェイ)」
ラグウェイの詳細情報は、下記のブログをご確認下さい。
2022年4月28日
4月30日(土)「OPEN」山梨県南アルプス市 高級キャンピングカーレンタル「Luxway(ラグウェイ)」
2022年5月14日
高機能「RVパーク」山梨県南アルプス市 高級キャンピングカーレンタル「Luxway(ラグウェイ)」2/2
2022年5月13日
高機能「RVパーク」山梨県南アルプス市 高級キャンピングカーレンタル「Luxway(ラグウェイ)」1/2

季節は、夏から秋へ。
良い季節になってきました。
秋の・紅葉の行楽に向けて、今年はいつもと違った楽しみ方で思い出の秋を演出下さい。
それは、アドリア製のキャンピングカーの旅をご提案させて頂きます。
アドリア製のキャンピングカーは、高機能RVパーク+高級キャンピングカーレンタル 山梨県南アルプス市「Luxway(ラグウェイ)」でレンタルが可能です。
そして今日のブロウでは、そのアドリア製の高級キャンピングカーをご紹介させて頂きます。


【最新】アドリア3兄弟乗り比べ3台比較で見えてきたものは!
上記のリンク先では、youtubeの動画で詳細にUPしています。
ADRIA Mortorhome社、Matrixのキャンピングカーは、な多様なレイアウトと設備面でも他に劣らないスタイルと多様性を持ち合わせ、お客様のニーズをすべて満たすように設計されたモーターホームです。
最高の空間をご確認下さい。

紅葉の秋・収穫の秋・食の秋を、ADRIA Mortorhome社、Matrixのキャンピングカーでオリジナルの最高の旅を作って下さい。
一生の思い出となります。

「絶景は極上空間で観に行こう」
自分の旅は、​自分で決める。
あの空も、あの海も、あの山も。
この空間なら、最高の状態で会いに行ける。
あなただけの旅へようこそ。

「Luxway(ラグウェイ)」
​山梨県南アルプス市​野牛島2160
TEL055-242-8411
詳細案内図は、下記のリンクをクリックすると、グーグルマップにアクセスしています。
RVパーク ラグウェイ 南アルプス
ご確認をお願い致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

2022年(令和4年) 秋の全国交通安全運動
本運動は、広く国民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けるとともに、国民自身による道路交通環境の改善に向けた取組を推進することにより、 交通事故防止の徹底を図ることを目的として、毎年、春と秋の2回実施されています。

2022年(令和4年) 秋の全国交通安全運動
2022年(令和4年)秋の全国交通安全運動の推進要綱が発表されています(中央交通安全対策会議交通対策本部決定)。
運動期間 令和4年9月21日(水)から30日(金)までの10日間
交通事故死ゼロを目指す日は「令和4年9月30日(金)」

運動の重点項目には
・子供と高齢者を始めとする歩行者の安全確保
・夕暮れ時と夜間の歩行者事故等の防止及び飲酒運転の根絶
・自転車の交通ルール遵守の徹底

山梨県での交通事故件数はどうなっているのか??
山梨県警が発表している「警察署別交通事故発生状況」から確認です。

山梨県 警察署別交通事故発生状況(令和4年7月末現在)
新型コロナウィルスにより交通量の減少が影響している中で、交通事故死者数も減少傾向となっていますが、地域によっては事故件数が増加傾向にあります。
一か月で負傷者1359人 死者数15人。
平均すると人身事故は「37件/日」発生しています。
毎日どこかで負傷事故や死亡事故が起こっている悲しい現実も確認です。

みんなの合言葉
「横断歩道では必ず安全確認!」

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei