平成20年(2008年)1月19日にスタートしている
「吉野聡建築設計室のブログ」
本日12周年を迎えます。
2008年1月 livedoorブログでスタートし、2008年6月からは「Movable Type4」を使用したブログに。 そして、令和2年1月1日に「Movable Type7」を使用したブログとしてリニューアルしています。
毎日、夜明け前にブログの更新を行いながら12年が経過しています。

2008年1月19日のブログ
2008年1月19日 初めてUPしたlivedoorブログ

この日から毎日更新を続けているブログ。
今日までにUPした記事数は
livedoorブログは「150」
Movable Typeブログは「4,386」を超えています。
この数は
・弊社に依頼を下さる皆様
・私を支えてくっださる皆様
・Webサイト、ブログ、Facebookに訪問・コメント・いいね!を下さる皆様
・私と繋がる皆様
全ての皆様のおかげです。
本当に・本当に有難う御座います。感謝の気持ちです。

そして、このブログの継続によって、想像も出来なかった大きな・多くのチャンスを掴んで来ました。
本当に有難う御座います。

吉野聡建築設計室 吉野聡
これからも、大きな目的・目標に向かって、一歩一歩 歩み続けて行きます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

吉野聡建築設計室

吉野聡建築設計室 吉野聡
1971年1月17日に生まれた吉野聡
昨日、49歳の誕生日を迎えることが出来ました。
有難うございました。

昨日、多くの皆様からの電話・ブログ・Facebook・LINE・メールを通じてお言葉・「いいね!」やコメント・メッセージ。
その数は「1000以上」になります。
想像を超える数に驚いています。
更に、多くの皆様からの誕生日プレゼント(ワイン・ケーキ・花束)や、昨晩開催してくださった誕生日会。
皆様の嬉しい・温かい・素敵な思いを有難う御座います。
言葉で表現できないほどの感謝の気持ちです。
本来なら、皆様1人1人に「有難う御座います。感謝します。」のお礼の気持をお伝えしたいのですが、本日のブログのUPにて代えさせて頂きます。
本当に有難う御座いました。

来年の50歳、そして51歳・52歳・55歳・60歳・・・。
「初心忘るべからず」
この意味をしっかり確認しながら、常に新たな気持ちで1歩1歩 歩み続けます。
そして、たくさんの「気付き」を掴む為に、更なるステップアップも目指します。
「着実に そして確実に」
今後とも、宜しくお願い致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

令和2年1月17日 49回目の誕生日

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

吉野聡 誕生日
1971年1月17日に生まれた吉野聡
2020年も、素晴らしいスタートとなっています。
本日、49歳の誕生日を迎えます。
9年前の40歳のからの写真を一気にUPさせて頂きます。

弊社の事務所にて撮影 吉野聡建築設計室 吉野聡  清里高原で撮影 吉野聡建築設計室 吉野聡
2011年弊社の事務所・清里高原にて撮影

韮崎商工会で撮影 吉野聡建築設計室 吉野聡 韮崎商工会での撮影 吉野聡建築設計室 吉野聡
2012年韮崎商工会での撮影

弊社の駐車場での撮影 吉野聡建築設計室 吉野聡 甲府商工会議所にて撮影 吉野聡建築設計室 吉野聡
2013年弊社の駐車場と甲府商工会議所にて撮影

2015 吉野聡01 2015 吉野聡02
2014年~15年 弊社にて撮影 

吉野聡建築設計室 吉野聡 吉野聡建築設計室 吉野聡
2016年~17年 弊社にて撮影 

吉野聡建築設計室 吉野聡 吉野聡建築設計室 吉野聡
2018年10月に撮影    2019年5月に撮影

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室 吉野聡
詳細情報は、吉野聡建築設計室HP profile(プロフィール) をご確認下さい

毎日を楽しく、そして充実した日々を送ることが出来るは、弊社に依頼を下さる皆様、私を支えてくっださる皆様、ブログ・FBに訪問・コメントを下さる皆様
全ての皆様のおかげです。
本当に・本当に有難う御座います。
感謝の気持ちです。
来年の49歳、そして50歳・55歳・60歳・・・。
「初心忘るべからず」
この意味をしっかり確認しながら、常に新たな気持ちで1歩1歩 歩み続けます。
そして、たくさんの「気付き」を掴む為に、更なるステップアップも目指します。
これからも宜しくお願い致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

建築設計には、様々な希望・条件が複雑に絡み合ってきます。
その希望や条件などは、その建築・建築主・敷地条件によってさまざまです。
だからこそ、多くの話し合いを行い・検討して1つ正解を導き出します。
その為に、多くのコミュニケーションが必要になります。
ご依頼頂ける皆様が便利に・簡単に・使いやすく。
そして「いつでも・どこでも・どんな時でも」
そんな思いで、弊社では設計打合や現場との連絡にSNSの「FacebookやLINE」を使用しています。

facebook LINE

SNSとは、日常の思いを書き込んだり、写真をアップしたり、友達のUPした記事や写真にコメントしたり、興味のあるジャンルだけで作るコミュニティに参加したりできるサイトです。
そんなSNSの「FacebookやLINE」を使った設計打合。
弊社にご依頼を頂くお客様が、旅行や買い物に行った時に偶然出会ったデザインや家具・インテリアなどを、SNSで写真付きで弊社に送って頂いています。
そして、お客様ごとに写真をパソコンで管理・保管しているので情報の共有が可能です。
その他、弊社からは、打合せの前にイメージの画像をお客様に送る事で、ゆっくり・じっくり考える時間をとる事が出来ます。
ご依頼頂けるお客様の自由な時間に問合せ・確認が出来る。
いつでも・どこでも・どんな時でもです。

お互いに「思いが・イメージが伝わります」
FacebookやLINEを使った設計打合で。距離が更に近くなります。
そして、新たな活用方法の取組をはじめています。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

山梨県内にも多く建っている高層マンション。
その多くが、外壁にタイルが貼ってあります。
外壁タイルの「浮き・剥離・落下」は、多くのマンションで問題になっています。
しかし「タイルの浮きや剥離・落下なんて、不安や現状を感じたことがない」という住民の皆様もいらっしゃいますが、外壁タイルはいつか剥離・落下する可能性のあることとしてぜひ知っておいていただきたいことです。

高層マンションの大規模修繕工事の設計・監理もおこなっております弊社では、高層マンション大規模修繕計画の外壁タイル対応について、事前にヒアリング・調査を行いながら、どのような対応を行った方が良いのかを記した提案書を提出しています。
下記の提案書は、実際に甲府市内に建つ高層マンション大規模修繕計画の外壁タイル対応についてとなります。

外壁タイル落下 剥離検討書 高層マンション外壁タイル対応提案書

高層マンション外壁タイル対応提案書 高層マンション外壁タイル対応提案書

高層マンション外壁タイル対応提案書 高層マンション外壁タイル対応提案書

1.建物概要 
2.条件
3.外壁タイル浮きの現況
4.外壁落下のメカニズム
5.外壁タイル調査方法
6.原因調査の方法
7.提訴・瑕疵
8.弊社からの提案

このブログで何度ともなくUPさせて頂いております。
「同じ条件の建築は、二つとしてありません」
だからこそ、事前にヒアリング・調査・検討させて頂きまして、そのマンションに対応する提案書を提出させて頂いております。

世界の建築や特に欧米では、湿式工法での外壁タイル貼はいつか落下するものと考えられているので使われることはありません。
しかし、日本では外壁タイル貼の建築がたくさんあります。
外壁タイルは、かつてはメンテナンスフリーという認識が一般的であったとされますが、その後の研究進展により、デファレンシャルムーブメントにより浮き・剥離があるという認識が広まり、メンテナンスフリーではなく、竣工後の経過による劣化現象の発生を前提とすべき仕上げであるという認識が一般化となっています。
建築基準法では、平成20年4月1日告示282号により、10年に1回、外壁タイルの全面打診調査を行うことが施行されています。
事故や損害などが起こる前に、正しい調査・補修を行い、多くの皆様に安心・安全なマンション・建築であり続けて頂きたい思いです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

山梨県内にも多く建っている高層マンション。
その多くが、外壁にタイルを貼ってあります。
吉野聡建築設計室では「高層マンションの大規模修繕」の設計・監理で行っております。
その中で、必ず問題になります外壁タイルの「浮き・剥離・落下」です。
「外壁タイルは、いつかは剥離・落下します」
日本建築防災協会の統計資料(外壁タイル張りの耐震診断と安全性対策指針・同解説の付-5外壁タイル張りの剥離・剥落故障例 1998年発行)によれば、タイル張り外壁の故障が確認されるまでの経過年数は平均13.6年と報告されています。

マンションの外壁タイル

マンション 外壁タイル
高層マンションの外壁タイルは、さまざまな原因から「浮き、剥離、落下」による危険が生じています。
高層階から重量のある外壁タイルが落下してきたら・・・。
このような恐ろしい事を想像したくはありませんが、実際に起きています。
・平成元年、北九州市で外壁タイルの落下事故(二人死亡、一人重症)が発生
 最上階から外壁のタイルが落下。死傷者
・平成25年6月14日、新潟市外壁の落下
 新潟市内においてテナントビルの2階から外壁等の一部が剥がれ落ち、 約8m下の歩道に落下する事故が発生
・平成17年6月14日「ニューリバービル」(東京都中央区新 川)斜壁崩落事故
 通行人が負傷しました。
・平成28年7月7日 大阪・浪速区敷津東のビルで外壁タイルが落下、女性に直撃しけが

このように多くの問題・検討・課題がある高層マンションの外壁タイルの「浮き・剥離・落下」について。
弊社では、事前にヒアリング・調査を行いながら、どのような対応を行った方が良いのかを記した提案書を提出しています。
明日のブログでは、甲府市内にある高層マンション大規模修繕計画の外壁タイル対応についてUPさせて頂きます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

どこの家庭でも当たり前のようにお風呂がある時代、公衆浴場は急速に数を減らしています。
この逆風の中で、「毎日行く銭湯」をコンセプトにリニューアルし、一気に客数を延ばしているのが山梨県甲府市上石田にある銭湯 「草津温泉」です。

2007年(平成19年)10月にリニューアルOPENしました、
山梨県甲府市にある銭湯「草津温泉」(甲府市役所 観光課サイトより)
2006年(平成18年)建築主H様のご依頼により、吉野聡建築設計室が設計・監理をさせて頂きました。
道路拡張に伴い、以前にあった建物の建替工事
源泉の位置(地下ポンプ)が決まっている事や敷地面積が2/3に縮小した中で、以前の建物より開放感を持たす。そして、楽しみながら+清潔+使いやすくという設計条件でした。
そんな中で新たに生まれ変わった銭湯の草津温泉
「草津温泉」の完成写真は、吉野聡建築設計室HP project
甲府市 草津温泉」をご確認下さい。

全国的に、銭湯(一般公衆浴場)の数は減ってきています。
厚生労働省のデータによると、1989年には全国に1万2228軒あったが、14年には4293軒にまで減少。東京都内も状況は変わらず、2005年には1025軒あったが、2015年には628件と10年で4割も減っている。
リニューアルオープンから12年。
連日、多くのお客様でにぎわっている「銭湯」。
遠方のお客様(ファン)も多いとの事です。

今期は暖冬と言われていますが、1月になり山梨県甲府市は朝晩厳しい冷え込みとなっています。
そんな時は、体の芯から温まる朝風呂へ!!

甲府市 銭湯 草津温泉
朝日を浴びる 山梨県甲府市の銭湯 「草津温泉」
天然温泉のかけ流しのお湯。
その効能は

玄関先にあるかけ流しの湯
玄関先にあるかけ流しの湯
飲料用としても効果あるとの事です。

甲府 草津温泉の効能
効能を表示した看板
素晴らしいお湯には空間づくり
銭湯である草津温泉は、露天風呂もあるんです。

草津温泉の露天風呂
山梨県甲府市の銭湯 「草津温泉」にある露天風呂
(今は入浴者がいるので撮影は不可 完成時の写真です)

山梨県甲府市の銭湯 「草津温泉」の詳しい情報は
【住  所】山梨県甲府市上石田1-10-12
【電話番号】055-222-4216
【営業時間】6時~21時
【定 休 日】無休
【料 金】400円(山梨県銭湯料金に準ず)
【泉  質】食塩泉(含芒硝重曹-食塩泉 緩和低張性温泉)
【泉  温】47.7度 (気温31.0度) pH8.3 
【湧 出 量】毎分200リットル
【浴  槽】内湯(微温風呂、高温風呂、水風呂)、露天風呂

甲府市の街中にある気軽に立ち寄る事の出来る銭湯。
泉質も良くまた年中無休で朝6時からOPENしています。
寒い日が続くこれからの季節。
大きなお風呂でゆっくり入り体の芯まで温まる!
休日や出勤前の朝風呂なんて事も可能です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

夜明け前の朝の時間をメインとしながら行っているトレーニング。
いい仕事をする前に、人一倍健康でパワーがあり+体力・耐力も持っていなければならない。
その他、いつかはトライアスロンに参加して完走したい思いで行っていますトレーニング。
とは言っても、休みをとることが出来ないので、トレーニングが出来る時間を探した時の答えが「夜明け前の時間」だったのです。

可能な限り行っているトレーニング。
その内容を、エクセル集計しています。

トレーニング集計表
2019年12月のトレーニング集計表
記入する内容は、ランかバイクかスイムなのか。
その他に「距離と時間」です。
2019年の1年間の集計です。
1月・・・ 「ラン」136.20㎞
2月・・・ 「ラン」 79.04㎞ 「バイク」143.60㎞
3月・・・ 「ラン」 89.26㎞ 「バイク」226.96㎞
4月・・・ 「ラン」104.63㎞ 「バイク」120.00㎞
5月・・・ 「ラン」 42.66㎞ 「バイク」281.02㎞
6月・・・ 「ラン」 32.48㎞ 「バイク」120.00㎞
7月・・・ 「ラン」 86.28㎞ 「バイク」30.00㎞
8月・・・ 「ラン」104.78㎞ 
9月・・・ 「ラン」118.62㎞ 「バイク」105.00㎞
10月・・・「ラン」 97.27㎞ 「バイク」59.05㎞
11月・・・「ラン」109.50㎞ 
12月・・・「ラン」137.00㎞ 「バイク」20.00㎞

2019年トレーニングの合計です。
「ラン」1135.72㎞ 「バイク」941.58㎞
このように集計して数字で確認すると、トレーニング量の少なさを感じます。
しかも、泳ぎが大の苦手な「スイム」が0です。
これにも大きな驚きです。
今年は、スイムもしっかりトレーニングの1つにプラスです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

山梨県甲府市にあります「吉野聡建築設計室」
民間の企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院などのデザイン・設計・監理を行いながら、その他に多くの山梨県の公共建築の設計も行っております。

山梨県 南都留合同庁舎
山梨県 南都留合同庁舎"

山梨県南アルプス市 わかば支援学校
山梨県南アルプス市 わかば支援学校

・甲府市立中道南小学校受水槽他改修工事に伴う実施設計業務委託
・南都留合同庁舎建設工事設計業務委託
 山梨県都留市 RC・S造 1~4Floor
・清里の森太陽光発電設備工事設計業務委託
 山梨県北杜市 太陽光発電
・県民会館解体工事設計業務委託
 山梨県甲府市 庁舎 RC造 8Floor
・わかば支援学校 改築工事
 山梨県 南アルプス市 支援学校 RC造 1~2Floor
・山梨県総合農業技術センター本館他耐震診断
 山梨県甲斐市 研究施設 RC造 2Floor
・山梨県立考古博物館 空調熱源機更新工事
 山梨県甲府市 博物館 RC造3Floor
・県立文学館中央監視盤他改修工事
 山梨県甲府市 文学館(公共施設) RC造2Floor
・山梨県立八ヶ岳少年自然の家体育館耐震補強設計
 山梨県北杜市 公共施設 鉄骨造 1Floor
・山梨県甲府警察署給水設備改修工事
 山梨県甲府市 公共施設 鉄筋コンクリート造 5Floor
その他の設計の実績は、弊社Webサイト「設計実績一覧表(年代別)」をご確認下さい。

公共建築も民間建築のそれぞれに、それぞれの対応が求められる「建築設計」
両方とも対応しているからこその情報・ノウハウ・強みがあります。
その他に、耐震診断・耐震補強設計・耐力度調査も行っています。
これらの実績は、弊社Webサイト「耐震診断・補強設計・耐力度調査 業務実績」をご確認下さい。
これからの実績があるからこそ、多くの情報・提案があります。
これも弊社の強みの1つです。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

前兆現象の観測による地震予知 

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

地震の予知はできますか?
甲府商工会議所青年部は、12月20日(金)
山梨県立文学館講堂にて、東京大学名誉教授の村井俊治氏を講師に迎え、甲府商工会議所青年部創立30周年記念講演「前兆現象の観測による地震予知~次の10年に向けて、今知るべき地震の予測~」を開催しました。

地震の予知はできますか?
○月×日に□□地方で大きな地震があると聞きましたが、どうでしょうか?
気象庁のWebサイトでは、このように記されています。
地震を予知するということは、地震の起こる時、場所、大きさの三つの要素を精度よく限定して予測することです。例えば「(時)一年以内に、(場所)日本の内陸部で、(大きさ)マグニチュード5の地震が起こる」というようなあいまいな予測や、毎日起きているマグニチュード4程度以下の小さな地震を予測するような場合はたいてい当たりますが、それに情報としての価値はあまりないと考えます。少なくとも「(時)一週間以内に、(場所)東京直下で、(大きさ)マグニチュード6~7の地震が発生する」というように限定されている必要がありますが、現在の科学的知見からは、そのような確度の高い地震の予測は難しいと考えられています。

「地震は必ず予測できる」
の著者でもある村井先生。
地震予知の前兆観測
1.測位衛星による地殻変動観測
2.搬送波位相の異常観測
3.擬似温度の以上観測
4.超超低周波の地電流の異常観測
5.低周波音の異常波形観測
6.地震雲の判読
上記6つの前兆観測しながら地震予知につなげる内容です。

実際に起きた下記の3つの大地震。
2011年3月11日の「東日本大震災」
2018年6月18日の「大阪府北部地震」
2018年9月6日の「北海道胆振東部地震」の事例を交えながら。
また、日本にあるいくつかのミニプレートにも注目。

ミニプレートの境界で地震
内陸地震の7割は、ミニプレート境界で起きていると言った納得のお話に、1.5時間があっという間に感じられた素晴らしい講演です。

「地震を予測して、ひとりでも多くの人の命を救いたい」
JESEA 取締役会長 東京大学名誉教授 村井 俊治先生は、予測を外すことのリスクよりも、地震の前兆を掴みながら発表せず、多くの人々の命が奪われることの方が罪深いと私たちは考えているからです。テクノロジーの発達が目覚ましい昨今、「MEGA地震予測」の精度も向上し続けています。地震が予測できれば、地震被害も最小限に抑えることが可能です。その実現を目指し、今後も地震予測の研究と日々向き合い、精進していきます。

そこで、村井先生は、地表の異常を検知し地震を予測するアプリを公表し+ダウンロードが可能になっています。
「MEGA地震予測」
私も、多くの皆様のお役に立てればの気持ちです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei