デジタルを使ったアナログへ

携帯電話・インターネット・PCなどデジタル化が進む一方で、私たちが忘れてはいけないものがあります。
グローバル化が急速に進む中 で、あらためて「日本文明とは何か」「日本人とは何か」を考える必要があります。
これからの時代を生き抜くために、日本人に求められるものは何か。
それは「人との繋がり」と考えています。
人の繋がりは、人生においての「大きな財産」と考えています。
だからこそ、これからもデジタルを使ったアナログへ。
これからも、更に進んで行きます。

①2000年初期
デジタルの世界
デジタルがもてはやされた時代

②2010年頃から
SNSを使ったコミュニケーション
ブログ・SNSなどを使い、デジタルを使った繋がり(コミュニケーション)

③これから(2021年以降)
アナログ的なコミュニケーション
コミュニケーションの時代。
その手法は、今の時代・これからの時代に変化・進化しながら進んで行きます。
5年、10年先を見据えながら、未来に向かっての取り組みを行っています。

それは「建築も同じ」
何十年・百年と立ち続ける建築。
その建築を使用する方によって異なる未来。
それぞれの未来を共に話をしながら・想像しながら。
そんな事を考え・話し合い・検討しデザインしています。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

3回のシリーズでUPする日本百名山+山梨百名山「鳳凰三山」の周回トレラン。
本日の最終回は「観音岳・薬師岳+ゴール編」です。

スタートの青木鉱泉から一気に1600mを上がる急登が続きますが、地蔵岳のあとは多少の高低差はありますが稜線の移動になります。
「ここまでくれば!!」の思いからペースがあがりますが、脚の疲労感+乳酸がたまってきます。
しかし、この日の最高の天気のから自然にパワーUPです。
順調に進みながら観音岳・薬師岳の登頂です。

観音岳登頂
観音岳登頂

薬師岳登頂
薬師岳登頂
背後には、白根三山の北岳・間ノ岳・農鳥岳です。
:2021年7月 3日
山梨県甲斐市 アルプス通りの開国橋から見た「北岳・間ノ岳」
北岳+間ノ岳は過去2回登っています。
ここでランチタイムです。
と言っても、今回はおにぎり1つ+ようかん+エナジージェル(携帯用の行動食 補給食)+スポーツドリンクをとりながら10分程度の休憩をとりながら直ぐに行動です。
この後は、一気に登山道1674mを下ります。

長い距離の下り
長い距離の下り。
森林の中を下り続ける為に、同じ景色が続きます。
これが、とにかく苦手です。
ここで、その下りの動画です。


長い単調の下りに、思いっきり飽きている時の動画です。
と言っても、右膝に痛みが起こらないように慎重に走ります。
今回も何とか右膝の痛みもなく無事にゴールです。

ゴールの時刻
スタートがAM5:10
ゴールがPM1:38
8時間28分で鳳凰三山一周のゴールです。
一緒に登った・走った小林さん夫婦は、私のこの遅い・弱いペースに付き合ってくれて+ご指導を頂き本当に感謝です。
有難う御座います。
最後に走った・登った・下ったコースの動画をUPします。

最後に、地蔵ヶ岳(2,764m)・観音岳(2,840.4m)・薬師岳(2,780m)の鳳凰三山さん。
楽しいラン・素晴らしい景色を有難う御座います。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

3回のシリーズでUPする日本百名山+山梨百名山「鳳凰三山」の周回トレラン。
本日の第2回は「鳳凰三山 地蔵岳登頂編」です。

夜明け前の青木鉱泉をスタートし、徐々に明るくなってきます。
そして、1つ目の地蔵岳2764mに一気に駆け上がります。

急登が続く地蔵岳登山道
青木鉱泉から地蔵岳は、急登が続きます。
前半の半分くらい登って来た時に見えた地蔵岳のオベリスクです。

地蔵岳 オベリスク
赤〇の地蔵岳のオベリスク。
甲府市内からも確認することが出来ます。
最高の天気に、テンションも上がりながら順調に進んでいきます。
そして、見えてくるのが地蔵岳登頂の最後の難所「蟻地獄」です。

地蔵岳 白い蟻地獄
地蔵岳 白い蟻地獄と右側にそびえるオベリスク。
白いザレの斜面は蟻地獄のようで登りにくく、体力の・気力の消耗ポイントですが、そこをクリアすれば地蔵岳の頂上です。

地蔵岳とオベリスク

お地蔵様がたくさんある地蔵岳

地蔵岳から見る北岳、間ノ岳、農鳥岳

地蔵岳から見る富士山

続きは明日のブログで!!
第3回「観音岳・薬師岳+ゴール編」をUP致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

3回のシリーズでUPする日本百名山+山梨百名山「鳳凰三山」の周回トレラン。
本日の第1回は「コースガイド+スタート編」です。

山梨県の南アルプス北東部にあり、南アルプス国立公園内・南アルプスユネスコエコパークの核心地域にそびえ立つ、2780m(薬師岳)、2840.4m(観音岳)、2764m(地蔵ヶ岳)の三山を総称して「鳳凰三山」と呼び、日本百名山、山梨百名山、新・花の百名山などに選ばれる日本屈指の名峰です。
特に北端の地蔵ヶ岳の頂上には、高さ18mにもおよぶ大岩柱(オベリスク)が屹立し、その幻想的奇観は古くから岳人に愛され、信仰と伝説の山として知られています。

まだまだ暗いAM5:00に青木鉱泉をスタートし、ドンドコ沢・地蔵ヶ岳(2,764m)・観音岳(2,840.4m)・薬師岳(2,780m)の三山を縦走・中道コースを通って青木鉱泉へ戻る、青木鉱泉(標高1110m)からコース最高点の観音岳(標高2841m)へ一気に駆け上がる+下るタフなコースです。

鳳凰三山の周回トレラン
鳳凰三山の周回トレランコース。

この日は、AM1:30に起床し、朝の仕事を行いながらAM4:30に青木鉱泉の駐車場に到着です。
準備を行い、夜明け前のAM5:00にスタートします。

青木鉱泉 鳳凰三山

ヘッドライトの明かりでスタート
夜明け前にヘッドライトをつけてスタートです。
ヘッドライトをつけながら走る・歩く山道はどんなものなのか?
言葉で説明するより、動画をご確認下さい。


夜明け前の登山道。
この雰囲気が、とっても好きなんです。

続きは明日のブログで!!
第2回「鳳凰三山 地蔵岳登頂編」をUP致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

山梨県甲府市にある保育園(認定こども園)
令和2年12月中旬に、新たな敷地に新たな教室棟の建築の設計相談がありました。
それから1ヶ月のハード+タイトスケジュールの中で、さまざまな要望・希望・問題点を1つ1つクリアさせながら、綿密な計画+多くの提案・打合(ヒアリング)を行ってきました。
令和3年1月中旬、これらの基本計画の図面や資料の再確認を行いながら、建築設計監理業務委託契約です。
多くの設計打合・検討を行いながら、短期間・短期間のハードスケジュールの5ヶ月で、相談・基本計画・基本設計・実施設計・3つの申請手続きを完了しています。
そして、令和3年5月8日(土)「大安」の良き日に、建築現場の敷地では「起工式」が行っています。
それから3ヶ月。
建築施工現場では、確認検査機関の「中間検査」を行った後の10月上旬に、建築工事現場では、外部の足場が解体され全体の姿を表しています。

認定こども園 新生学園
認定こども園が制定された背景は、少子化、子育て支援、共働きによる働き方改革など、いわゆる「待機児童」の解消が目的の1つです。
だからこそ、認定こども園に通う子供たちが、ニコニコ・ワクワク・イキイキになる色彩・デザインで元気に成長です。
そして、多くの機能も満たした建築で、安心の生活が生まれます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

無数にあります建築に関する専門用語。
ある建築用語サイトの中では、
建築現場で使用される用語、作図に関する用語、インテリア関連の用語など登録数47,622語の掲載がされています。
これ以外に、建築デザインや色・形・様式、そして法律や基準などを加えると・・・。
更に、常に新しい言葉も作られています。
その数は、想像出来ません。

無数にあります建築専門用語
ご依頼頂けるクライアントの皆様とお話をする時には、出来るだけ使わないように心がけています。
それは「伝える」と「伝わる」・「聞く」と「理解する」では、大きな違いがあるからです。

・伝える =自己満足。
・伝わる=相手側の気持ちになって表現する
・聞く =耳で聞く
・理解 =思い・考え・落し込む

「伝わる・理解する」

吉野聡建築設計室

吉野聡建築設計室 吉野聡
吉野聡建築設計室 吉野聡

「伝わる」+「理解する」を大切にしています。
建築には、デザイン・機能・性能・環境・コストなどあらゆる事が複雑に関係しています。
多くのお話・打合せの中で、ご依頼頂けるクライアントの皆様が笑顔でご理解・ご返答下さる。
これも建築の楽しさの1つです。
だからこそ「1つ1つ丁寧に分かりやすく」
そんな気持ちを持ち続けています。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

甲府城の西側、平和通りの東側に所在する「山梨県庁」。
24,035.854 m²の敷地内には、本館と別館、議事堂があり、それを覆う形で北別館、西別館、防災新館があります。

令和3年10月4日(月)山梨県庁を訪問した時に、議事堂の南側にある「オープンガーデン」で小さな秋を確認しています。

山梨県庁オープンガーデン 紅葉

山梨県庁オープンガーデン 紅葉
山梨県庁オープンガーデンの小さな紅葉
今年の夏も危険な暑さが続いた山梨県甲府市。
少しずつ気温も下がり、高地では秋の気配も感じ始めています。

実りの秋・食欲の秋・読書の秋・スポーツの秋など様々な呼び名がある日本の秋。
紅葉を楽しみ、秋に関するイベントが各地で開催されるなど楽しみがいっぱいの季節です。
そして!!
紅葉と言えば、北アルプスの楽園と呼ばれる「涸沢」です。

karasawa1111111111.jpg
北アルプス・穂高連峰に抱かれた「涸沢(からさわ)カール」
昨年は行った時のブログは、
2020年10月17日
北アルプス 涸沢の紅葉と山頂パスタ会4/5

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

吉野建築設計室があります甲府市徳行3-3-25
現在の地に移転したのは、12年5ヶ月前の2009年5月です。
吉野聡建築設計室がある甲府市では、個人住宅を新築し完了検査済証の交付を受けた皆様に記念樹(キンモクセイ苗木1本)を配付していました
(現在は無くなっている可能性があります)
その時に、甲府市から頂いた記念樹(キンモクセイ苗木1m程の高さ)。
現在は、3倍以上の高さになっており、元気に・ぐんぐん成長を続けています。

高さ3mになる記念樹キンモクセイ
高さ3m大きさになる記念樹(キンモクセイ)
弊社と共に成長を続けています。
そして、毎年この季節になるとの甘い香りでいっぱいになります。

甲府市 記念樹 キンモクセイ

キンモクセイ 甲府市
キンモクセイは
モクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹で、ギンモクセイの変種。中国南部が原産で江戸時代に渡来した。Wikipedia抜粋
静岡県では、都道府県の木に指定しているそうです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

吉野聡建築設計室

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、集合住宅、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震関係の耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査。
建築確認申請手続き、特殊建築物定期報告書検査作成、マンションの長期修繕計画書、各種申請業務 ・中古住宅の既存住宅現況検査員を行っております
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
詳細な業務内容については、吉野聡建築設計室HP
また、過去に設計を行った建築については、

完成写真がUPされています「設計・デザイン建築実績」 
物件名がUPされています「設計実績一覧表
をご確認下さい。

いつも、弊社のブログにご訪問頂き、誠に有難う御座います。
また、ご依頼頂けるクライアントの皆様・私を支えて下さる皆様<
全ての皆様に感謝の気持ちです。
誠に有難う御座います。

吉野聡建築設計室 吉野聡
吉野聡建築設計室 吉野聡

2008年1月19日にスタートしました
「山梨県甲府市 吉野聡建築設計室ブログ」
令和3年10月10日(日)のブログは、2ヶ月ぶりの53回目の休日とさせて頂きます。
そして、吉野聡のFacebook個人ページ、吉野聡建築設計室のFacebookページ、朝食(朝ごはん)のFacebookページも休日にさせて頂きます。
令和3年10月11日(月)は、またいつもの時間(早朝)に宜しくお願い致します。

Webサイトの関係のみがお休みだけで、吉野聡建築設計室はOPENしています。
よって、電話もメールもSNSでのメッセージもOKです。
365日 いつでも・どこでも繋がります。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
詳しい情報は上記のリンク(Webサイト)をご確認下さい。

弊社は、社名でも表現させていただいておりますように、吉野聡が「建築の設計・監理」を行う会社です。
その建築とは、住宅から企業の事務所建築・アパート・マンション・店舗・飲食店・病院・歯科医院・事務所・工場・公共建築など、あらゆる建築の設計を行っています。
今までの設計実績は、worklist(業務リスト)をご確認下さい。

弊社の情報は、毎日多くのツールを使って発信し続けています。
その1つがインターネットです。
1.Webサイト「山梨県甲府市にある建築設計事務所、吉野聡建築設計室
2.blog「山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のブログ
3.Facebook(会員のみが閲覧できる個人ページ) 「吉野 聡
4.Facebook(誰でも閲覧可能) 「山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
5.Facebookで毎日の朝食をUPしている「吉野聡建築設計室の朝食(朝ごはん)
これら5つのサイトを毎日運営+情報の発信を行い続けています。
デジタルを使った「Webサイト・blog・Facebook」を通じて、山梨県甲府市 吉野聡建築設計室を「知って頂きたい」という思いです。
しかし、もっと大切にしている事があります。
それは「アナログ」です。
人と人が実際に会って「繋がる・深まる」です。
これに勝るものは無いと考えています。
 
建築設計も同じです。
便利な時代になっても、皆様の事を思い浮かべ・想像し・考えながら、気持ちで・思いで設計する。

吉野聡建築設計室 吉野聡
吉野聡建築設計室 吉野聡
メール・LINE・Facebookだけでなく、感染対策に注意しながら実際にお会いする・話をする・理解する。
「アナログ」の素晴らしさ・魅力を大切にしています。
それが弊社の設計スタイルです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei