コンクリートブロック塀 一定規模以上で「耐震診断の義務」1/2

敷地・道路境界の区画に使用されている事が多い
「コンクリートブロック塀」
補強コンクリートブロック構造の基準は、建築基準法施行令 第4章の2に定められています。

この材料を使って作る塀にもさまざまな基準があります。
それは、建築基準法施行令第62条の8・平成12年建設省告示第1355号に示されています。
その他、「コンクリートブロック塀設計規準」、「ブロック塀施工マニュアル」、「壁構造配筋指針」、「建築工事標準仕様書・同解説 JASS7」です。
正しく材料で、正しく施工されていても、日常のメンテナンスや環境などによって劣化のスピードが変わります。

劣化したコンクリートブロック塀
劣化したコンクリートブロック塀
基準内に設計・施工されていても、経年劣化から耐久性が極端に落ちているCB造の塀があります。
そのようなCB造の塀は、弱い衝撃でも崩れてしまう事もあります。
地震時には、特に危険な状態になりますので、ご注意頂ければと思います。

劣化を確認した高さ1.2m以上のコンクリートブロック塀

劣化を確認した高さ1.2m以上のコンクリートブロック塀
劣化を確認した高さ1.2m以上のコンクリートブロック塀

コンクリートブロック造の塀の所有者の皆様。
コンクリートブロック塀は、個人の所有物です。
所有者の責任において管理する事が基本となります。
まずは、皆様の対応で安全の管理を宜しくお願い致します。
国土交通省が発行するコンクリートブロックのチェックポイントがあります。
下記のリンクからダウンロードをお願い致します。
「CB造チェックポイント」

明日は、コンクリートブロック塀の耐震義務化についてUP致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei