建築の断熱で、健康・環境・生活・社会・経済・世界が変わります3/3

本日の3回目は、私たちの建築へにおける断熱の提案です。

誰でも健康で・快適に・安心して・気持ち良く・楽に過ごす事が出来る事務所、工場、病院、歯科医院、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅・・・の全ての建築。
快適な環境をつくる為に、多くの企業が設備機器やシステムの提案を行っています。
もちろん「設備機器やシステム」も大切です。
しかし!!基本は何か??
「断熱」です。
夏の暑さ+冬の寒さにおいて
「断熱の追及に勝るものはない」

断言しています。

冷暖房器具(設備機器)や電気・ガス・石油などのエネルギーを使用しない断熱。
故障や定期的なメンテナンスが無いんです。

「建物のどこに断熱を行うのか?」
こんな質問のメールがありました。
断熱には、大きく分けて3つの工法があります。
1.外断熱工法
2.内断熱工法
3.充填断熱工法
木造・鉄骨・鉄筋コンクリートなどの構造によって、また建物用途・建設地によって工法も変わります。

そして、次に断熱材の仕様。
何十種類あります。
そんな多くの工法・種類がある断熱を、どこに・どんなものを使うか??
しっかりとした検討が必要です。
詳しくは、下記のブログをご確認下さい。
2015年1月30日
断熱材の種類・仕様を決めるオリジナルの資料

他社が行っている一般的な建築と、弊社がデザイン・提案させて頂いている建築は、断熱についても基本的な考え方から違うんです。
その最も分かりやすい事は、弊社がデザインしている建築には床下換気孔が無いんです。
基礎の内側(床下)も室内の一部として考えています。
そんな空間を使って、弊社のオリジナルの提案を行っています。
それは、紀州備長炭を使った空気の浄化です。

紀州備長炭

高断熱には、高気密が条件になります。
しかし、高気密になれば屋外の新鮮な空気を遮断する為、室内の空気が悪化します。
そこで弊社は、室内の空気を自らの建築で浄化させようと考えで、床下全面に紀州備長炭を敷き詰めています。
それは、1階の床下が大きな空気清浄器になるんです。
2017年6月26日
1階の床下の全てが大きな空気清浄器 1/2
2017年6月27日
1階の床下の全てが大きな空気清浄器 2/2

断熱を考える時には、1つの事だけでなく建物の全体で考える。 そこで出てくる答えが正解。 冬のヒートショックもクリアできる考えです。

弊社が設計する建築のほとんどが、他には無い高断熱建築です。
それは、一般の断熱性能をUPさせるだけの高断熱建築ではなく、
敷地条件・周辺環境・平面プラン・外部デザイン・開口部・基礎・壁・屋根・・・。
そのすべてが検討の対象になります。

長文になりましたが、お伝えしたい事はその他にもたくさん御座います。
山梨に来られる時があれば、弊社の建築を是非ご見学・ご確認して頂きたい思いです。

また、弊社のブログを使ってたくさんの情報をUPしております。 山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のブログの右上のカレンダーの下に 「サイト内の検索」が御座います。

サイト内の検索
赤の□内にあるサイト内の検索に、
・高断熱
・断熱材
・断熱工法
・無暖房建築
・紀州備長炭
などなど キーワード検索して頂けると、たくさんの情報がUPされます。
ご活用ください。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei